鋼管検査や非破壊検査

いとこが
非破壊検査や超音波探傷器の会社に勤めてます。

いわゆる、非破壊検査
超音波などを使って物を壊さず内部を検査するのですね。

自動車部品の検査や建設機械
鉄骨、鉄鋼や船舶、橋梁検査
コンクリート診断
非鉄金属に、鉄道などなど。

鋼管検査や溶接検査、X線検査、超音波探傷検査などなど

検査の対象や検査方法もいろいろあるようです。
検査技術の進歩ですね。
今となってはかなりメジャーになって

一般社団法人 日本非破壊検査協会
などもあります。
大型の構造物などの検査には非常に有効みたいです。
日本のインフラも老朽化が叫ばれて久しく
時々、トンネルの天井の一部が剥がれ落ちたり、
高速道路の高架橋の一部が剥がれ落ちたりする事故がありますけど、

このような非破壊検査などの頻度をあげれば
早期発見も容易なのでしょうね。

実際のところは検査する人員と予算の不足でなかなか
思うようには行かない場合が多いようですが。

079018

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加