成人式の着物のあれこれ話

大学生の時、来年成人式だから着物を用意しなさいと言われてしまったのですが、その当時はあまり着物には興味がなくとても高いものならその分のお金がほしいと思っていました。成人式もスーツで参加したいと親に行ってむちゃくちゃ怒られ、恥ずかしいからやめて!とも言われました振袖の下見も親だけで行けばいいのにと内心めんどくさくなりながらも呉服店へ休日に行きました。
しかし、お店についてはじめは母親がテンション高く着物を見ていてそんなになんで元気なんだろうと思っていたのですが着物一つ一つを見るたびに同じ赤でも緑でもいろいろな柄があり色味がありあれ、なんか着物選びって楽しい!!とだんだん乗り気になり最終的には母親が飽きて椅子でぐったりするまで着物選びをしてしまいました。

そんな一生懸命選んだ着物が黒と白のコントラストがきれいなあまりないデザインのものでした。一式で38万くらいだったと思うのですが本当にうれしくて着るのが待ち遠しかったです。成人式当日は友人と久々に会えることのうれしさが勝って他の人の振袖をまじまじとみる機会はなかったのですが引率の親たちはそれぞれの子たちが着ている振袖を結構見ていたようなのでやっぱり見ている人はいるんだなと思いました。
それから月日は流れて大学の卒業式。今度は袴を着ることになりました。袴は袴用の着物のほうが振袖と違って短くて映えますよと言われましたがロップイヤーみたいでかわいいなとそれも味があるでしょうと思い成人式の振袖を着用しました。
そして5年前に結婚した時、訪問着にするかどうかの話が出ましたがせっかくだから妹か娘に着せたいと訪問着にすることはしませんでした。
購入してから8年くらいがたちましたが、今度は妹が成人式をもうすぐ迎えます。妹もあの時の私と同じようで「別に振袖とかどうでもいい」なタイプでしたが私の着ていたものだけは気に入ったようで妹もそれを着て成人式に出たいようです。母が私が嫁に行っても年に数回風通しをしてくれたようでかびたりシミなどができたりしないように配慮してくれてありました。

妹が着た後は18年後にはなってしまいますが今度は娘が着てくれるかな、とも思っていますがその前にまず七五三だしその時には自分の趣味もあるだろうしなかなかそうはいかないかもしれないけれど代々来てくれると私としてはうれしいかなと思います。別に成人式でなくたって大きくなって着れるようになったらたくさん来てほしいなとも思っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。