花の資格は目的で選択しましょう

20161025b

花が好きな人の中には、家に飾ることや花束をアレンジして親しい人に贈るなど、趣味として楽しみ花と触れ合う人もいます。
また、花に関わる仕事をする人もさまざまな場面で、花の華やかさ・癒し・和みを活かして装飾や作成をしています。
花を楽しむ、関わる中で技術を磨きたい、知識得たいなどの気持ちが芽生えると花の資格を取るステップアップを目指す人はたくさんいます。

花の資格は、大きく分けると民間、協会関係の資格と国家資格です。
協会とは、日本フラワーデザイナー協会、日本プリザーブドフラワー協会、フラワーデコレーター協会、日本花資格協会などが主催する資格ですが、その他にも協会は多々あります。
民間は、フラワースクールや教室、講座などの認定資格です。
国家資格には、フラワー装飾技能士がありますが、花の範囲を広げるとガーデニング関連の園芸装飾技能士(室内園芸装飾作業)も花の資格の1つと言えます。

資格の種類は、フラワーコーディネーター・フラワーデザイナー・ディプロマ(プリザーブド)・フラワーデコレーター・カットフラワーアドバイザー・華道のお免状、師範などがあります。仕事場は、花屋・冠婚葬祭会場・自宅や教室で講座を開くなど多岐にわたります。

自分が何を目的・目標にするのかで、花の資格の選択が異なります。
職業として技術を磨き、キャリアアップにもつながる資格を取りたい・センスや花の知識を学び、資格を活かしたい・花が好きで知識やアレンジを勉強した証明に資格を取るなどそれぞれです。

花の資格に関心をもつ人に共通するのは、花が好きなこと。
その気持ちと目的の合意により、資格の選択をするのが良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。